ダンサー・フラメンコダンサー 加藤おりは公式サイト

2018.03.30

3-26

20歳くらいのとき、プロのダンサーになりたいなって思いました。

どうして踊りたいかは、ずっと変わっていないです。

踊るとき、みてくださっている方々の真ん中にある光みたいなものと共鳴していることを感じたくて、踊っています。

繋がったときには、その人のことがよくわかるんです。たくさんいらしても、はいってくる。そうすると満たされて安心する。

それは、自分の存在がなくなって宇宙と一体になるからなんだなと思っています。あの感覚が、忘れられなくて。宇宙になった感覚。

ほんとうにすこしだけの時間なのだろうけど、時間がなくなるような。素晴らしくて泣いてしまいそうになります。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment